介護人材総合サービス ナイス!介護

お仕事のご相談もOK
まずはお気軽にご登録を!

エントリーする

0120-713-515
ないすかいご
受付時間:平日9:00~18:00(土日祝除く)

資格支援制度SUPPORT SYSTEM

介護ワーク系の資格は、大きく、「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」にわかれます。それら資格の特徴は、①実務で生きる知識が身に付くこと、②介護施設などへの就職に有利なこと、③自己の知識を再整理でき、自分のスキルアップにつながることです。ここでは、介護職員初任者研修などの資格の特徴をご説明します。

介護ワーク系の資格の3大メリット

  • 知識を得る

    介護の仕事をするうえで、技術や知識は必要。その必要な技術や知識を資格によって得られる
    費用がお得を詳しく知る
  • 就職に有利

    介護は専門職の仕事。資格を活かして、仕事の選択の幅が広がり自分にあった仕事を見つけられる
    費用がお得を詳しく知る
  • 価値が向上

    資格取得をすることでスキルアップにつながり仕事も取得前よりやりがいを感じられる
    費用がお得を詳しく知る

知識を得る

介護資格の種類
介護職員初任者研修
介護の入り口として知られ、初めて介護を学ぶ方が取得しておくべき基本の資格といえます。ホームヘルパー2級(旧資格)よりも実務に役立つ研修として改善されたものが介護職員初任者研修です。
実務者研修
2013年4月より資格取得のキャリアパスが見直され、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修は「実務者研修」に一本化されました。実務では習得しにくい体系的な医学知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて学ぶことができます。また受講後は「サービス提供責任者」になれるので、スキルアップにもなる最適な研修制度です。 更に、2016年度の介護福祉士国家試験から、受験条件に実務者研修の修了が義務化されたこともあり、資格取得希望者が増えています。
介護福祉士
介護関係の仕事に就いている方には、広く認知されている国家資格。資格を持っていると高い専門知識をもった「介護のスペシャリスト」という証明になるため、周囲からの信頼感や評価が大きく変わります。
認定介護福祉士(仮称)
新たな介護キャリアパスの中で、最上位資格となる予定の資格名称候補です。介護福祉士のリーダー的存在として位置づけられる見込みです。内容がまだ未確定ではありますが、動向が注目される資格となります。

このように、介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士の資格は、
実務に生かせる知識が身につく資格です。

このような背景を考えると通信より通学で資格を取得することをオススメします。 では、次に、そのような介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士の資格取得までの流れについてご説明します。

就職に有利

介護資格の取得カリキュラム
介護職員初任者研修
介護職員初任者研修の資格を取得をするためには、総学習時間130時間の全過程修了後に筆記試験が必須になります。筆記試験は、この度の法改正にて新たに導入されたものであり、相当資格とされている旧資格であるヘルパー2級より難易度が上がったといえるでしょう。しかし、研修で学ぶ知識や技術は、在宅と施設の双方で共有できる内容であり資格を取得することによって介護の基礎知識を付けることができます。
受講期間4か月、総学習時間130時間「こころとからだのしくみ」や介護・福祉サービスの理解など
実務者研修
実務者研修を取得する為には、総学習時間450時間の研修が必須となっております。資格取得するまで受講期間は、6ヶ月と長期ですが受講期間が長期になる分、実務では習得できにくい医学知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて学ぶことができ、受講後はサービス提供責任者にもなれるのでキャリアアップには最適な資格といえるでしょう。

過去に「介護職員初任者研修」「訪問介護員養成研修(1級~3級)」「介護職員基礎研修」「その他の全国研修(認知症介護実践者研修、喀痰吸引研修等)」を受講した方については、実務者研修の一部が免除されています。
詳しくは、厚生労働省「制度改正の概要」資料をご確認ください。

介護福祉士
介護福祉士は、国家資格であり介護の資格のなかで非常に難易度が高い資格といえるでしょう。試験問題は3領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ)11科目と総合問題にわたり出題されます。それに加えて、実務試験も資格取得するうえで必須になります。受験資格の制度により気軽に受けることができないこともあり非常に難易度が高い資格です。しかし、介護福祉士を取得することによりキャリアップに繋がるとともに就職にも有利と利点が多くある為、介護の仕事に携わる方なら目標にすべき資格です。

※1 社会福祉、介護福祉法の一部を改正する法律(平成19年法律第125号)

※2 社会福祉士介護福祉士養成施設指定規則

介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士の資格は
2013年4月からスタートした資格体系です。
つまり、まだ資格取得者が少ないので、
今、この資格を取得しておくことは転職に非常に有利になります。

最後に、介護ワーク系資格には明確なキャリアパスがあります。たとえば、介護職員初任者研修を取得することがゴールはありません。
認定介護福祉士を頂点の資格とした、介護ワーク系の資格体系についてご説明します。

自分価値の向上

介護ワークの頂点である介護福祉士を目指す

介護報酬改定後、キャリアパスが、シンプルに一新されました。「介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士(仮称)」を基本に、目標を立てやすい養成ルートになっています。 

介護人材キャリアパス

認定介護福祉士(仮称)
多様な生活障害をもつ利用者の質の高い介護を実践
介護技術の指導や職種関連連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善
介護福祉士
利用者の状態に応じた介護や他職種との連携等を行うための幅広い領域の知識・技術を修得し、的確な介護を実践
介護職員初任者研修
住宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得し、指示を受けながら、介護業務を実践

参考:平成23年 今後の人材養成の在り方に関する検討会報告書

非常に難易度が高いですが、介護福祉士を目指すことは、
自己価値向上という意味で非常にやりがいがあることです。

一覧へ戻る

介護専門の派遣会社「ナイス介護」が提携する資格取得支援スクールでの受講がオススメです!

ナイス介護の3つの“やすい”をご紹介

  • 1.始めやすい

    費用がお得

    派遣会社提携のスクールだから他のスクールと比べて安価
    費用がお得を詳しく知る
  • 2.続けやすい

    豊富な時間帯

    3つのコースでプライベートや仕事との両立が可能
    豊富な時間帯を詳しく知る
  • 3.活かしやすい

    仕事に直結

    派遣会社提携のスクールだから取得後の仕事探しが楽しい
    仕事に直結を詳しく知る

費用がお得受講料がお得だから「始めやすい」

資格支援制度について

通学と通信を組合わせたコースだから自分の時間も出来る。
さらに、この受講料はナイス介護だけ!!
介護の資格は2013年4月より改定したこともあり、今人気の資格です。
介護職員初任者研修のようなとくに人気資格に関しては、資格取得のためのスクールも近年急増しています。スクールが多いとスクール選びが困難ですよね。スクールを選ぶポイントは、人それぞれですが受講料も気になるポイントのひとつではないでしょうか。

ナイス介護は、資格取得をして介護のプロの道を目指す方々のお役にたちたい。
そんな気持ちから、ナイス介護で派遣就業開始した方へは介護職員初任者研修の受講料を最大全額キャッシュバックする制度を用意し、介護のプロを目指す方々の第一歩を後押しできるようにいたしました。(一部規定あり)

ナイス介護にて就業いただくと

介護職員初任者研修

受講料全額キャッシュバック又は会社負担

※受講校や資格によって変動いたします。

実務者研修

66,000キャッシュバック又は会社負担

※受講校や資格によって変動いたします。

豊富な時間帯多彩なコース内容だから就業中も「続けやすい」

提携スクールの受講コース例

仕事と両立して資格取得にチャレンジすることは簡単なことではございません。今まで仕事と資格取得の両立を希望していても諦めた方は多いのではないのでしょうか。

ナイス介護では複数の資格取得スクールと提携しており、生活・勤務スタイルに合わせて受講スケジュールを選択できます。
資格取得の勉強と、実際の介護現場でのお仕事を両立することで、知識の向上と、それに伴う介護業務が身に付き、日々成長を感じられると思います。詳細はお気軽にお問い合わせください。

受講コース例 受講期間 内容
平日週2コース 約2ヶ月 週2日・1日7時間程度を受講することで介護職員初任者研修の資格取得を目指す内容となっております。
平日週1コース 約4ヶ月 週1日・1日7時間程度を受講することで介護職員初任者研修の資格取得を目指す内容となっております。
土日週1コース 約4ヶ月 週1日・1日7時間程度を受講することで介護職員初任者研修の資格取得を目指す内容となっております。

多彩なコースで、資格取得とお仕事の両立が可能に!

では、次に資格取得後のお仕事についてご説明いたします。

仕事に直結介護専門のナイス介護提携だから仕事に「活かしやすい」

ナイス介護でお仕事紹介もセットで。

ナイス介護では、提携スクールで介護職員初任者研修・実務者研修の資格を受講しながら、あなたのスキルやキャリアプランに応じたお仕事をご紹介いたします。

ナイス介護では、無資格・未経験から高時給の介護のお仕事を数多く準備して、みなさまにご案内しています。
介護の初任者研修・実務者研修の資格取得をすることで、さらにご自身の給与アップを目指せます!
未経験の方でも就業可能なお仕事がたくさんあることも、ナイス介護の特徴です。

> ナイス介護の特徴について詳しく知る
ナイス介護の提携スクールにて、資格取得費用サービスがございます。

ナイス介護の提携スクールで資格を取得し、且つ、規定条件を満たした方には、資格取得費用をキャッシュバック又は会社負担いたします。

資格取得費用サービス

ナイス介護での就業期間が1ヵ月~4ヵ月目の場合は下記金額を受講修了時キャッシュバック
介護職員初任者研修:受講料全額
実務者研修:最大66,000円

ナイス介護での就業期間が5ヵ月~の場合は下記金額を受講時に会社負担
介護職員初任者研修:受講料全額
実務者研修:最大66,000円

いずれかに該当するとキャッシュバックor会社負担

介護職員初任者研修

受講料全額キャッシュバック又は会社負担

※受講校や資格によって変動いたします。

実務者研修

66,000キャッシュバック又は会社負担

※受講校や資格によって変動いたします。

ナイス介護の理念は、「すごい!を追求する」こと。
そのために、「ご利用者へのまごころ」と「実務経験」をともなった介護従事者を増やすことを目標に、ナイス介護で働きながら資格を取得されたかたには、資格取得費用をキャッシュバック又は会社負担しています(規定あり)。
詳しくは、お問い合わせください。

介護資格(初任者研修・実務者研修)について詳しく知る
一覧へ戻る