介護ワーク系資格の3大メリット
知識を得る

介護資格の種類

介護職員初任者研修
介護の入り口として知られ、初めて介護を学ぶ方が取得しておくべき基本の資格といえます。ホームヘルパー2級(旧資格)よりも実務に役立つ研修として改善されたものが介護職員初任者研修です。
実務者研修
2013年4月より資格取得のキャリアパスが見直され、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修は「実務者研修」に一本化されました。実務では習得しにくい体系的な医学知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて学ぶことができます。また受講後は「サービス提供責任者」になれるので、スキルアップにもなる最適な研修制度です。
介護福祉士
介護関係の仕事に就いている方には、広く認知されている国家資格。資格を持っていると高い専門知識をもった「介護のスペシャリスト」という証明になるため、周囲からの信頼感や評価が大きく変わります。
認定介護福祉士(仮称)
介護福祉士の資格取得後のキャリアパスを整備する。生活を支える専門職としての介護福祉の資質を高め、利用者のQQLの向上、介護と医療の連携強化と適切な役割分担の促進、地域包括ケアの推移など介護サービスの高度化に対する社会的な要請に応える。(認定介護福祉士(仮称)の在り方に関する検討会」参照)
このように、介護職員初任者研修・
実務者研修・介護福祉士の資格は、
実務に生かせる知識が身につく資格です。

このような背景を考えると通信より通学で資格を取得することをオススメします。
では、次に、そのような介護職員初任者研修・実務者研修・介護福祉士の資格取得までの流れについてご説明します。

受講お問合せはこちら 介護職員初任者研修
受講料やカリキュラムなどご相談もOK

これは便利!!
を押して下さい。
いつでも最新情報を確認いただけます。