介護職のお仕事内容

介護と一言でいっても、その仕事内容はさまざま。また、仕事の難易度も、比較的簡単なものから、専門的な知識が必要とされる高度なものまで幅広くあります。勤める施設によっても仕事の内容は変わってくることがあります。
ここでは介護のお仕事について、実際の仕事内容と、一日の例をご紹介します。

施設における介護のお仕事

介護職って?
介護のお仕事は、介護施設にて、高齢者の身の回りの介助をするお仕事です。利用者様が、その人らしい生活を送れるよう、日々手助けを行います。
資格は必要?
介護保険制度上は、無資格でも就業できる職種です。しかし、介護職員初任者研修以上の資格保持者を望む施設が多いです。また、介護福祉士の資格があれば、より就職に有利となります。
どういうところで働くの?
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護老人保健施設や、有料老人ホーム、認知症グループホーム(認知症対応型共同生活介護)などの入所施設での介護。介護入所型の施設の場合は介護は24時間体制です。

そのほかにも、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)など、利用者が日中だけ滞在する日帰り施設での介護、在宅利用も日帰り利用も泊まりもある小規模多機能施設(小規模多機能型居宅介護)もあります。
具体的にどういうことをするの?
利用者様が日常生活を送る上で、障害や病気、筋力低下などにより自分ではできない部分を援助することが主な仕事です。

朝:着替え・洗顔・排泄の介助や、食事・服薬など
昼:ちぎり絵や書道などの趣味活動・手作業や、転倒予防体操などの運動メニューの指導や見守り、入浴介助など
夜:ナースコールの対応やおむつ交換、リネン類の確認・補充など

入所施設で働く介護職員の場合、24時間を通して介護をする為、勤務は交代制です。

代表的な介護のお仕事

入浴介助
入浴は、入所型の場合は午前中と午後に計2度行い、通所型の場合は、午前中に1度行うことが多いです。水温だけではなく、着替えの段階から室温には注意します。またお風呂場は滑りやすい状態になっているので、転倒防止にも気を配ります。

介護のお仕事の中でも体力のいる仕事ではありますが、利用者様の気持ちよさそうな顔を見ることができるので、やりがいを感じる方も少なくありません。
排泄介助
タイミング・回数は利用者様によって様々なため、常に気にかけていなければなりません。「排泄」という行為自体が、ご自身にて出来なくなってしまっていることが利用者様にはストレスとなっており、それに関わる介護者は信頼関係を築かなくてはなりません。介助される側の精神的な負担や、身体的な不快が最小限になるよう、心配りを忘れず、介助にあたる必要があるでしょう。
食事介助
自身で食事をとることが困難な方に対して介助を行います。人それぞれに噛む力・飲み込み力は異なりますので、その人にあったお食事を召し上がっていただきます。口から召し上がることで、五感が刺激され、食事が増したり、食べる喜びを感じていただけます。
レクリエーション
高齢者ひとりひとりのレベルに合わせたゲームや体の機能回復につながる動きを取り入れながら、集団で催しを行うことです。たとえば、工作したり歌を歌ったり、風船やボールを使ってゲームをしたりさまざまです。 そこにいる皆が楽しめるよう内容レベルを考えながら行います。

手先を動かすのは高齢者の健康にはとてもよいことですので、これらが長生きするためのエッセンスにもなります。一緒になって自分も楽しむこと。レクリエーションを通して、利用者様とより距離を縮めることもできます。
口腔ケア
歯磨きを手伝い、口腔内の細菌を減少させることです。ブラッシングはできるだけご自身にて行っていただきますが、困難な方には、介護職員が行います。その際にも、手を添えてご自身で磨いているように思っていただけるよう、一緒に行います。
移乗(トランス)
べッドから車椅子などへ自力または介助で移動することです。歩行が不可能な高齢者、または困難な高齢者にとっては、椅子・車いす・便座などへの移乗ができるかどうかが、寝たきりを防ぐという意味で、とても重要となります。
就寝介助(ナイトケア)
就寝の為のお手伝いをすることです。「パジャマの上を絶対にズボンに入れないと嫌」、「靴下は絶対に履いて寝る」など、その人それぞれにこだわりがありますので、お一人お一人に合わせた介助が必要となります。

求人検索

これは便利!!
を押して下さい。
いつでも最新情報を確認いただけます。