介護職の就業場所

介護職が活躍する介護施設。利用者様の要介護レベル・運営母体・サービス内容によって、いくつか分類されます。また、施設によって、介護職のお仕事内容もかわってきます。ここでは、当社の介護求人の中で多くある施設形態についてご説明します。

特別養護老人ホーム(通称:特養)入所
日常生活において、常に介護が必要な高齢者の為の施設で、入所者は要介護認定をうけている方です。 介護の仕事は、24時間体制で行われています。
軽費老人ホーム入所
家庭環境や住宅の事情で生活が困難になった高齢者のための施設で、日常生活のサポートと食事を提供します。A型、B型、ケアハウスの3種類に分類され、提供するサービスが異なります。
有料老人ホーム (通称:有料)入所
生活のサービスや介護サービスを提供する施設です。入所のための基準はなく、必ずしも介護が必要な高齢者ばかりではありません。またこの中にも「介護型」「住宅型」「健康型」の3種類があります。
グループホーム(通称:グループ)入所
認知症の高齢者が対象で、少人数で共同生活をする施設です。 介護者は生活のサポートや日常の生活上の介護、機能訓練を提供します。
老人保健施設(通称:老健)入所 or 通所
病状が安定した高齢者が、リハビリテーションを行いながら、自宅復帰を目指す施設です。
役割としては、病院と自宅の中間の立場になります。
デイサービスセンター(通称:デイ)通所
自宅で生活する高齢者が、日帰りでレクリエーション、機能訓練を受けることができる施設です。
高齢者にとっては交流の場であると同時に、ご家族の介護の負担を軽減する役割も担っています。
  • ※入所とは、利用者が施設に住み、常時介護サービスを受ける形態のこと。
  • ※通所とは、利用者が施設に通い、介護サービスを受ける形態のこと。

求人検索

これは便利!!
を押して下さい。
いつでも最新情報を確認いただけます。